【広告】

紙の本も読みなよ

読み終わったマンガ、小説、その他の本の中でオススメのものを紹介しています。

【マンガ】『レッド・ベルベット』1巻―マンガで読む海外ドラマ

『レッド・ベルベット』多田由美 / 講談社 ⇧2019年4月23日発売。大きめサイズのコミックです。 <著者について> 「多田由美」という作家をご存知でしょうか? マンガ家であると同時にイラストレーターでもあります。 神戸芸術工科大学の准教授もされていま…

【マンガ】『さよならフットボール』―若者のもう後がない切迫感

『さよならフットボール』新川直司 / 講談社 ⇧全2巻です。 『四月は君の嘘』で有名な著者の前作です。 現在連載中の『さよなら私のクラマー』へとつながる前日譚でもあります。 サッカーマンガです。 『四月は君の嘘』でもそうでしたが、「若者のもう後がな…

【ビジネス】『隷属なき道』―貧困をなくす方法

『隷属なき道 AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働』ルトガー・ブレグマン / 訳:野中香方子 / 文藝春秋 ⇧2017年5月発売。 Amazonのビジネス書大賞2018で準大賞を受賞。 <お金か自由か> 宝くじで3億円当たったとしたら、あなたは今の仕事…

【マンガ】『アンサングシンデレラ』2巻―理想を枯れさせないために

『アンサングシンデレラ』荒井ママレ / 新潮社 ⇧2019年4月20日発売。 1巻の記事「薬剤師の存在価値」はこちら。 <病院薬剤師とは> 薬剤師を題材としたマンガです。 日本の薬剤師の2割は病院薬剤師であるそうで、このマンガではそこに焦点が当てられていま…

【マンガ】『ここは今から倫理です。』3巻―主義は幸福になるためにある

『ここは今から倫理です。』雨瀬シオリ / 集英社 ⇧2019年4月19日発売。 <高校で習う「倫理」> 高校で「倫理」の授業を受けたことがありますか? 僕の通う学校には授業自体が無かったですし、教科書ももらったのかどうか記憶にありません。 だから僕には「…

【ビジネス】『SHOE DOG 靴にすべてを』—NIKE(ナイキ)の創業物語

『SHOE DOG 靴にすべてを』フィル・ナイト / 訳:大田黒奉之 / 東洋経済新報社 ⇧2017年10月発売。 Amazonのビジネス書大賞2018で大賞を受賞。 <はじめに> 著者はスポーツシューズメーカーの巨頭・NIKE(ナイキ)の創業者です。 書店ではビジネス書の棚に置…

【マンガ】『金の国 水の国』―これほど気持ちのいい少女マンガは他にない

『金の国 水の国』岩本ナオ / 小学館 ⇧2016年7月発売。 この年の『このマンガがすごい!』の少女マンガ部門で1位でした。 1冊で完結です。 <著者とその作品群について> 『町でうわさの天狗の子』(全12巻)や『雨無村役場産業課兼観光係』(文庫版全2巻)…

【マンガ】『ランウェイで笑って』10巻―コネ入社だから許される?

『ランウェイで笑って』猪ノ谷言葉 / 講談社 ⇧2019年4月17日発売。 この10巻では、プロのデザイナーたちの職場はどういう感じなのかを知ることができます。唯一無二の服飾系少年マンガです。 <あらすじ> ファッションデザイナーになるのが夢である高校生の…

【マンガ】『インハンド』―事故を防ぐのはシステムか、良心か

『インハンド』朱戸アオ / 講談社 ⇧2019年2月に発売。 2019年4月から山ピーこと山下智久さん主演でドラマ化されました。 <題名の変遷> 元々は『ネメシスの杖』というタイトルで2013年に出版されたものを、ドラマ化に合わせて『インハンド』の前日譚(プロ…

【ノンフィクション】『脳外科医マーシュの告白』—絶対に聞けない外科医の失敗談

『脳外科医マーシュの告白』ヘンリー・マーシュ / 訳:栗木さつき / NHK出版 ⇧2016年6月発売。(文庫版はありません) <医者には一流の技術を期待する> マンガ『医龍』(乃木坂太郎・永井明)で主人公の朝田はこう言いました。 「医者は人を生かすための存…

【マンガ】『87CLOCKERS』全9巻―世界に貢献できるゲーム

『87CLOCKERS』二ノ宮知子 / 集英社 ⇧1巻は2012年発売。2016年9月に9巻が発売されて完結しています。 『のだめカンタービレ』の次に連載された作品です。 <オーバークロックの世界> オーバークロックという言葉をご存知でしょうか? PC(パソコン)のCPU(…

【ビジネス・教育】『子どもは40000回質問する』—好奇心格差は経済格差

『子どもは40000回質問する』イアン・レズリー / 訳:須川綾子 / 光文社 ⇧2016年4月発売。(文庫版はありません) <大人と子どもの好奇心> 大人になったら好奇心が衰えていくものです。 忙しい毎日の中で、ふと疑問を持ったとしても、 「別にどうしても詳…

【マンガ】『刑事ゆがみ』1巻―振り込め詐欺の実態

『刑事ゆがみ』井浦秀夫 / 小学館 ⇧2016年10月発売。 現在は6巻まで出ています。 2017年にドラマ化しています。(浅野忠信さん、神木隆之介さん他) 『弁護士のくず』と同じ著者です。 『弁護士のくず』でもそうでしたが、とにかくストーリーテリングが上手…

【小説・文学】『そして、バトンは渡された』—友だち最優先主義を疑え【本屋大賞】

『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ / 文藝春秋 ⇧2018年2月発売。(文庫化はまだです。) 2019年の本屋大賞受賞作です。 <学生時代の友人> 例外はありますが、学生時代の友人は一生の友達になることが多い一方で、 社会人になってからの友人はそうは…

【ノンフィクション】『羊飼いの暮らし』—日本人の知らない生き方

『羊飼いの暮らし』ジェイムズ・リーバンクス / 訳:濱野大道 / 早川書房 ⇧2018年7月発売。(文庫版です。) ハードカバー版が出てから1年で文庫版が出ています。 早すぎ!( ノД`) <羊飼いとは> 「 羊飼い」というと日本人には馴染みのない職業です。 その…

【マンガ】『鬼滅の刃』1-2巻―ジャンプっぽくない王道少年マンガ

『鬼滅の刃』吾峠呼世晴 / 集英社 ⇧1巻は2016年6月発売。 2019年4月に15巻が出ました。 同じく4月からアニメ放送も開始されました。 <週刊少年ジャンプマンガの特徴> 週刊少年ジャンプに連載されているマンガは、ラブコメ枠やギャグマンガ枠はあれど、他の…

【マンガ】『進撃の巨人』28巻―生身の人間が戦うから面白い

『進撃の巨人』諫山創 / 講談社 ⇧2019年4月9日発売。 <巨大ロボットもの> アニメやマンガには「巨大ロボットもの」というジャンルがあります。 特撮系とは似て非なるものです。 多くは人類を攻撃してくる巨大な敵に対して、巨大なロボットを使って対抗して…

【ノンフィクション】『最後の秘境 東京藝大』―ひとつの道を極める生き方

『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』二宮敦人 / 新潮社 ⇧2019年3月28日発売。(文庫版です) <藝大生は変な人?> 芸術系の大学に行っている人は変な人が多いというイメージがありませんか? 普通とは違った感性を持っていなければ入試に合格で…

【マンガ】『マイホームヒーロー』7巻―一般人が犯罪集団にどこまで対抗できるのか

『マイホームヒーロー』山川直輝・朝基まさし / 講談社 ⇧2019年4月5日発売。 <半グレとは> 「半グレ組織」「半グレ集団」と呼ばれる人達をご存知でしょうか? ちなみに不良や暴走族はまだ「若気の至り」感がありますし、 逆にヤクザや暴力団は血の契りを交…

【ノンフィクション】『死に山』—事実は小説より奇妙で怖い

『死に山:世界一不気味な遭難事故<ディアトロフ峠事件>の真相』ドニ―・アイカ― / 訳:安原和見 / 河出書房新社 ⇧2018年8月発売。 テレビ番組『クレイジージャーニー』の奇界遺産でおなじみ・佐藤健寿さんがこの本を推薦されていました。 <実際にあった奇…

【マンガ】『Dr.STONE』10巻―帆船と気球を作る!

『Dr.STONE』Boichi・稲垣理一郎 / 集英社 ⇧2019年4月4日発売。 2019年の7月からついにアニメが放送開始。 <一番の魅力> 週刊少年ジャンプ連載のため、9巻のようにある程度バトル要素を入れないとダメなのかもしれません。(ジャンプマンガの特徴です。) …

【小説・文学】『ニムロッド』―皆で不安になろう

『ニムロッド』上田岳弘 / 講談社 ⇧2019年1月発売。 第160回芥川賞受賞作です。 『1R1分34秒』の町田良平さんと同時受賞でした。 <仮想通貨のマイニング> あなたは「サトシ・ナカモト」をご存知でしょうか? 仮想通貨について少しでも調べたことがある方な…

【マンガ】『将国のアルタイル』1巻―友を勇気づけるのに正論は要らない

『将国のアルタイル』カトウコトノ / 講談社 ⇧2008年発売。 2019年4月時点で21巻まで出ています。 <作品の大枠> 中東(トルコ近辺)や南東ヨーロッパを下敷きにした架空の世界が舞台。 人物や階級、土地の名前もトルコ語(将軍=パシャなど)がベースに使…

【小説・ファンタジー】『図書館の魔女』―本格ファンタジーを体感せよ

『図書館の魔女』高田大介 / 講談社 ⇧2016年4月発売。 2013年に出たハードカバー版(上下巻)を、文庫化するにあたって4冊に分けたものです。メフィスト賞受賞作です。 <メフィスト賞> ミステリー好きな方には有名なメフィスト賞ですが、一般には知られて…

【マンガ】『アオアシ』16巻―世界水準を見据えるということ

『アオアシ』小林有吾 / 小学館 ⇧2019年3月29日発売。 <ユース> このマンガはユースという題材を扱ったサッカーマンガです。 ユースとは、プロの選手を育成するための組織です。 プロのサッカー選手になるには、部活の高校サッカーで活躍して年代別の日本…

【小説・SF】『竜のグリオールに絵を描いた男』―ファンタジー×リーガルサスペンスという斬新さ!

『竜のグリオールに絵を描いた男』ルーシャス・シェパード / 訳:内田昌之 / 竹書房 ⇧2018年8月発売。 SFというかファンタジーです。 表紙の絵がめちゃくちゃカッコイイですね。 <竜にまつわる話> 竜が登場する物語はたくさんあります。 ほとんどが竜自身…

【マンガ】『あさドラ!』1巻―名もなき女性の一代記

『あさドラ!』浦沢直樹 / 小学館 ⇧2019年3月29日発売。 著者の浦沢直樹さんといえば、 『Happy!』や『20世紀少年』 、『MONSTER』、『BILLY BAT』など、 出す作品のほとんど全てをヒットさせている化物級の作家です。 大体、小学館のビッグコミック系で連載…

【科学】『知のトップランナー 149人の美しいセオリー』―ダーウィンの偉大さ

『知のトップランナー 149人の美しいセオリー』編集:ジョン・ブロックマン / 訳:長谷川眞理子 ⇧2014年発売。(文庫版はありません) <科学者たちの話を聞きたい> 世界中の科学者たちは、いつもどんなことを考えているのでしょうか? 知の最前線にいる彼…

【マンガ】『ゾン100』1巻―最高に幸せで楽しい不謹慎

『ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと』麻生羽呂・高田康太郎 / 小学館 ⇧2019年3月19日発売。 <ブラック企業> あなたはブラック企業に勤めたことがありますか? 僕はあります。 1日の労働時間は14~17時間で休憩なしでした。 (食事はスキマ時間…

【小説・ミステリー】『ガダラの豚』—呪術師が怖い!

『ガダラの豚』中島らも / 集英社 ⇧1996年出版。(全3巻) <呪術師のトリック> あなたは占いを信じていますか? あるいは他人に良くないことをもたらす「呪い」の存在は? または催眠術、テレパシー、透視、超能力はどうでしょうか? 僕は、自分で自分を縛…

紙の本も読みなよ / A-key-Hit