【広告】

紙の本も読みなよ

読み終わったマンガ、小説、その他の本の中でオススメのものを紹介しています。 ブログのYou Tube動画版(チャンネル名は同じ)もあります ➡ https://www.youtube.com/channel/UCPzX3QHV6x9LM1AMOdme7qw

小説

【小説】『刑罰』―裁判でも人生は狂う【このミステリーがすごい2020・18位】

『刑罰』フェルディナント・フォン・シーラッハ / 訳:酒寄進一 / 東京創元社 ⇧2019/6/12発売。 ハードカバーです。 『このミステリーがすごい!2020年版』海外編・第18位にランクイン。 <裁判でも人生は狂う> この本は短編集です。(12話収録) それぞれ…

【小説・冒険】『世界のはての少年』―イギリスで起きた無人島取り残され事件

『世界のはての少年』ジュラルディン・マコックラン / 訳:杉田七重 / 東京創元社 ⇧2019/9/20 発売。 ハードカバーです。 少年たちが無人島に取り残されてサバイバルする、冒険小説です。 <孤島に残された少年たち> 世界には、絶海の孤島に取り残される少…

【小説】『小説の神様』―小説が売れる主人公とは【2020年5月映画化】

『小説の神様』相沢沙呼 / 講談社 ⇧2016/6/21発売 文庫です。 続編の『小説の神様 あなたを読む物語』(上下巻)も出ています。 著者は『このミステリーがすごい!2020年版』国内編・第1位を獲得した『medium 霊媒探偵城塚翡翠』の相沢沙呼さんです。 2020年…

【小説】『まほり』―謎解き冒険民俗学【このミステリーがすごい2020・19位】

『まほり』高田大介 / KADOKAWA ⇧2019/10/2発売。 文庫版はまだありません。 『このミステリーがすごい!2020年版』国内編・第19位にランクイン。 <民俗学> 民俗学という学問をご存知でしょうか。 (※字と音が似ていますが、民族学ではありません。) 民間…

【小説・ミステリー】『ベルリンで追われる男』―ドイツの不法残留者が冤罪に!?

『ベルリンで追われる男』マックス・アンナス / 訳:北川和代 / 東京創元社 ⇧2019年9月30日発売。 文庫です。 <ドイツの移民政策> ドイツは20世紀半ばから労働力不足を補うために出稼ぎ労働者を招致し始めました。 その後もEU諸国からの移住者や、紛争地域…

【小説・ミステリー】『カインは言わなかった』―ミステリーとホラーの境界線

『カインは言わなかった』芦沢央 / 文藝春秋 ⇧2019/8/28発売。 ハードカバーです。 <ミステリーとホラーの違い> ミステリーとホラーは何が違うのでしょうか。 自論ですが、「答え」が明示されるかどうかだと思います。 ミステリーは謎の説明(解明)があり…

【小説・ミステリー】『渇きと偽り』―干魃が人を追い詰める

『渇きと偽り』ジェイン・ハーパー / 訳:青木創 / 早川書房 ⇧2018年7月に文庫版が発売されました。 原題は『THE DRY』 。 <オーストラリアの気候> 日本という年中湿潤な国で暮らしていると実感しにくいことかもしれませんが、 世界には長期間雨が降らない…

【小説・文学】『黄金列車』―ユダヤ人の没収財産を移送せよ

『黄金列車』佐藤亜紀 / KADOKAWA ⇧2019/10/31発売。 バードカバーです。 <終戦間近のハンガリー> ハンガリーという国をご存知でしょうか。 ドイツの南に隣接している国がオーストリアで、オーストリアの東に隣接しているのがハンガリーです。 ⇩ハンガリー…

【小説・ミステリー】『朝が来る』―子供を取り返すため実母が養母を脅迫?【2020年映画化】

『朝が来る』辻村深月 / 文藝春秋 ⇧2018/9/4 に文庫版が出ました。 2020年初夏に映画公開されます。 監督は河瀬直美さん。主演は永作博美さんです。 他に井浦新さん、蒔田彩珠さん、浅田美代子さんなどが出演されます。 ⇩⇩⇩この記事のYou Tube動画版です⇩⇩ …

【小説・ミステリー】『罪の声』―グリコ森永事件の真相【2020年映画化】

『罪の声』塩田武士 / 講談社 ⇧2019/5/15発売(文庫版) 『ミステリーベスト10』2016年版・第1位。 第14回本屋大賞 第3位。 山田風太郎賞受賞作です。 2020年に実写映画化されます。 主演は小栗旬さんと、星野源さんです。 ⇩⇩⇩この記事のYou Tube動画版です⇩…

【小説・ミステリー】『目を見て話せない』―コミュ障の名探偵

『目を見て話せない』似鳥鶏 / KADOKAWA ⇧2019/10/31発売 <コミュ障の名探偵> ミステリーにおける探偵の多くは、大勢の人の前で推理を開陳することに抵抗がありません。 名探偵コナンのように、自分の推理を話したくてウズウズしている人物ばかりです。 あ…

【小説・ミステリー】『仮面病棟』―拳銃を持ったピエロが病院に籠城【実写映画化】

『仮面病棟』知念実希人 / 実業之日本社 ⇧2014/12/5発売。(文庫です)ホラーではなくミステリーです。 2020年3月6日から映画公開が始まります。 主演は坂口健太郎さん。ヒロイン役は永野芽郁さんです。 ⇩⇩⇩この記事のYou Tube動画版です⇩⇩ 【小説】『仮面病…

【小説】『償いの雪が降る』―余命わずかな凶悪殺人犯にインタビュー【このミステリーがすごい2020・13位】

『償いの雪が降る』アレン・エスケンス / 訳:務台夏子 / 東京創元社 ⇧2018/12/20発売。 文庫です。 『このミステリーがすごい!2020年版』海外編・第13位にランクイン。 <3人で1人の探偵役> ミステリー作品の主人公の多くは、探偵役かその助手役です。 本…

【小説・ミステリー】『それ以上でも、それ以下でもない』―ナチス占領下のフランスでの殺人事件

『それ以上でも、それ以下でもない』折輝真透 / 早川書房 ⇧2019/11/20発売 <アガサ・クリスティー賞> アガサ・クリスティー賞という文学賞をご存知でしょうか。 早川書房が主催する、2010年に創設された長編小説の公募新人賞です。 「ミステリーの女王」と…

【小説】『拳銃使いの娘』―ヤバい父親よりもヤバい娘【このミステリーがすごい2020・2位】

『拳銃使いの娘』ジョーダン・ハーパー / 訳:鈴木恵 / 早川書房 ⇧2019/1/10発売 『このミステリーがすごい!2020年版』海外編・第2位にランクイン。 <悪い父親とその娘> 悪事に加担した父親が悪者達とトラブルを起こし、彼の家族にまでその巻き添えが広が…

【小説】『くるみ割り人形とねずみの王様』―梓澤廣一が読んでいた本【PSYCHO-PASS 3】

『くるみ割り人形とねずみの王様』E.T.A. ホフマン / 訳:種村 季弘 / 河出書房新社 ⇧1996年1月発売。 現在絶版になってますが、他の出版社から新訳版が出ています。 ◆翻訳:大島かおり / 光文社 古典新訳文庫 / 2015年発売 ⇩⇩⇩この記事のYou Tube動画版⇩⇩ 【…

【小説】『medium 霊媒探偵城塚翡翠』―誰が犯人かは重要ではない【このミステリーがすごい2020・1位】

『medium 霊媒探偵城塚翡翠』相沢沙呼 / 講談社 ⇧2019/9/12発売。 ハードカバーです。 『このミステリーがすごい!2020年版』国内編・第1位。 「本格ミステリ・ベスト10」2020年版国内ランキング 第1位。 ⇩⇩⇩この記事のYou Tube動画版です⇩⇩ 【小説】『mediu…

【小説】『このミステリーがすごい!2020年版』―2019年に発表された本ベスト20!

『このミステリーがすごい!2020年版』宝島社 ⇧2019年12月11日発売。 乃木坂46の白石麻衣さんが表紙です。 ※去年は同クループの高山一実さんが表紙でした。 今後も乃木坂46メンバーが表紙を飾っていくのかもしれません。 マスコットキャラのニャームズが、い…

【小説】『黄』―盲目の中国人探偵の慧眼【このミステリーがすごい2020・16位】

『黄』雷 鈞 / 訳:稲村文吾 / 文藝春秋 ⇧2019/7/24発売。 『このミステリーがすごい!2020年版』海外編で第16位にランクインしました。 <盲目なら叙述トリック> この小説の主人公は盲目です。 ミステリーにおいて、盲目の主人公視点で物語が記述されてい…

【小説】『紅蓮館の殺人』―クローズド・サークル×時間制限【このミステリーがすごい2020・6位】

『紅蓮館の殺人』阿津川辰海 / 講談社 ⇧2019年9月20日発売。 文庫です。ハードカバー版はありません。 『このミステリーがすごい!2020年版』で国内編第6位を獲得しました。 <クローズド・サークル×時間制限> ミステリーには、「海上の孤島」や「吹雪の山…

【小説・ミステリー】『生まれながらの犠牲者』―13歳の少女は何故いなくなったか

『生まれながらの犠牲者』ヒラリー・ウォー / 訳:法村里絵 / 東京創元社 ⇧2019年9月28日発売。 文庫です。ハードカバー版はありません。 絶版になっていましたが、新訳版で復刊されました。 <失踪事件の難しさ> 失踪事件は、世界中で起きている最も難しい…

【小説・ミステリー】『ベーシックインカム』―3つの鉄壁セキュリティの突破法

『ベーシックインカム』井上真偽 / 集英社 ⇧2019年10月4日発売。 文庫版はまだありません。 <近未来の技術を題材にした小説> 5話収録の短編集で、全部SFミステリーです。 タイトルは掲載順に『言の葉の子ら』『存在しないゼロ』『もう一度、君と』『目に見…

【小説・ミステリー】『国語教師』―物語の競作で相手の真意を探れ!【このミステリーがすごい2020・10位】

『国語教師』ユーディト・W・タシュラー / 訳:浅井晶子 / 集英社 ⇧2019年5月24日発売 『このミステリーがすごい!2020年版』の海外編・第10位を獲得しました。 <競作と共作> 「 競作」という行為をご存知でしょうか。 芸術全般に通用する考え方で、テーマ…

【小説・ミステリー】『サイコセラピスト』―犯行後に心を閉ざした殺人犯

『サイコセラピスト』アレックス・マイクリーディーズ / 訳:坂本あおい / 早川書房 ⇧2019年9月5日発売 <殺人犯が黙秘を続ける理由> 警察に捕まった後の容疑者は、しばしば取り調べで黙秘を続けます。 警察が証拠を揃えられなければ、自分が罪を自白しない…

【小説・ミステリー】『アリバイ崩し承ります』―アリバイトリック専門の安楽椅子探偵【2020年1月~ドラマ化】

『アリバイ崩し承ります』大山誠一郎 / 実業之日本社 ⇧文庫版は2019年11月25日発売。 『2019本格ミステリ・ベスト10』で1位を獲得した作品です。 2020年1月からドラマ放送が開始されます。(土曜夜11時15分~) 主演は安田顕さんと浜辺美波さんです。 ⇩⇩⇩こ…

【小説】『七つの魔剣が支配する』―剣と魔法はどちらが強いか論争

『七つの魔剣が支配する』宇野朴人 / KADOKAWA ⇧2018年9月発売。 最新刊のⅣ巻は、2019年10月10日に出ました。 電撃文庫です。 『このライトノベルがすごい!2020』で第1位を獲得しました。 漫画化もされています。 1巻が2019年10月10日に発売されました。 作…

【小説】『ケイトが恐れるすべて』―超心配性の女探偵【このミステリーがすごい2020・34位】

『ケイトが恐れるすべて』ピータースワンソン / 訳:務台夏子 / 東京創元社 ⇧2019年7月30日発売。文庫です。 『このミステリーがすごい!2020年版』海外編・第34位にランクイン。 <殺人事件との関わり> 一般の人は殺人事件が身近で起こっても、怖いし、変…

【小説・ミステリー】『教場』―警察学校の教官は全てを見抜く【2020年1月ドラマ化】

『教場』長岡弘樹 / 小学館 ⇧2015年12月発売。文庫です。 警察学校を舞台にした物語です。 「このミステリーがすごい! 2014年版」国内編第2位を獲得した作品です。 シリーズ続編の『教場2』と、 スピンオフ作品の『教場0 刑事指導官・風間公親』も文庫で発売…

【小説】『カルカッタの殺人』― イギリス統治下のインドでテロ?【このミステリーがすごい2020・18位】

『カルカッタの殺人』アビール・ムカジー / 訳:田村義進 / 早川書房 ⇧2019年7月4日発売。 『このミステリーがすごい!2020年版』海外編・第18位にランクイン。 <イギリスのインド統治> この小説の舞台は、イギリス統治下のインド・カルカッタ(コルカタ)…

【小説・ミステリー】『希望が死んだ夜に』―女子中学生が同級生を殺害した理由

『希望が死んだ夜に』天祢涼 / 文藝春秋 ⇧2019年10月9日に文庫が発売されました。 ⇩⇩⇩この記事のYou Tube動画版です⇩⇩ 【小説】『希望が死んだ夜に』/ 女子中学生が同級生を殺害した理由 <生活保護問題> 生活保護の問題には、不正受給と同時に、保護を本当…

紙の本も読みなよ / A-key-Hit