【広告】

紙の本も読みなよ

読み終わったマンガ、小説、その他の本の中でオススメのものを紹介しています。

【マンガ】『ヒル・ツー』1巻―都市伝説的恐怖と身分を剥奪される恐怖

『ヒル・ツー』今井大輔 / 新潮社 ⇧2018年8月発売。 2019年6月8日に3巻が出ました。 タイトルの『ヒル・ツー』とは『ヒル』という作品のシーズン2という意味です。 それに気付かず、シーズン1を読まないまま、このマンガから読んでしまっても問題ありません…

【マンガ】『ひゃくえむ。』1巻―激アツの100m競争!

『ひゃくえむ。』魚豊 / 講談社 ⇧2019年6月7日発売。 <100m走のマンガ> 「ひゃくえむ」とは「100M」、つまり「陸上競技の100M走」のことです。 このマンガは「100M走」を題材とした作品です。 陸上競技のマンガは世の中にあることはありますが、「100M走…

【マンガ】『迷宮ブラックカンパニー』1巻―ブラック企業×異世界ファンタジー

『迷宮ブラックカンパニー』安村洋平 / マッグガーデン ⇧2017年5月発売。 2019年5月10日に4巻が発売されました。 <ブラック企業×ファンタジー> あなたはブラック企業に勤めたことがありますか? 僕はあります。 毎日14~17時間労働で、休憩も残業代もあり…

【小説・ミステリー】『ルパンの娘』―泥棒と刑事のラブコメミステリー【ドラマ化】

『ルパンの娘』横関大 / 講談社 ⇧2017年8月発売(文庫版)。 ドラマ化され、2019年7月から放送が開始されます。 (毎週木曜22時~) 主演は深田恭子さん。 他には瀬戸康史さんや、渡部篤郎さんが出演されます。 著者のデビュー作であり江戸川乱歩賞を受賞し…

【マンガ】『あれよ星屑』1-2巻―終戦直後の生活風景

『あれよ星屑』山田参助 / KADOKAWA ⇧1巻は2014年4月発売。 2018年2月に7巻が出て完結しています。 『このマンガがすごい!2015』では5位にランクイン。 <戦争直後の生活風景> 「戦争モノ」のマンガは数多くありますが、ほとんどは戦時中の戦闘シーンが描…

【ビジネス】『TRUST』―年金も企業もマスコミも信頼できないなら何を信頼する?

『TRUST 世界最先端の企業はいかに<信頼>を攻略したか』レイチェル・ボッツマン / 訳:関美和 / 日経BP社 ⇧2018年7月発売。 <従来の信頼の形の崩壊> 2019年6月3日に、衝撃のニュースが流れました。 金融庁がまとめた報告書によれば、95歳まで生きるには…

【マンガ】『アリスたちの標本』1巻―犯罪捜査は悪夢の中で

『アリスたちの標本』小松万記 / 芳文社 ⇧2019年2月発売。 <凶悪事件での精神鑑定> 凄惨な殺人事件の犯人には、精神鑑定が実施されることがあります。 犯行当時に責任能力(つまりやっていいことか悪いことかの判断力)を有していたかを 調べるためです。 …

【マンガ】『オオカミライズ』1巻―中国とロシアに分割統治された日本

『オオカミライズ』伊藤悠 / 集英社 ⇧2019年4月19日発売。 <著者について> 著者の伊藤悠さんといえば、『皇国の守護者』や前作・『シュトヘル』でも圧倒的に上手くて個性的な絵柄をすでに確立しておられました。 連載デビュー作の『面影丸』のときから、そ…

【小説・ミステリー】『刀と傘』―司法卿探偵・江藤新平

『刀と傘 明治京洛推理帖』伊吹亜門 / 東京創元社 ⇧2018年11月発売。 <幕末ミステリー> 江藤新平という人物をご存知でしょうか。 維新十傑の一人で、王政復古の大号令を行った佐賀藩士です。 明治政府が出来てからは政治の中枢にいて、最終的には司法卿と…

【小説・青春】『トラペジウム』―アイドルになるための戦略

『トラペジウム』高山一実 / KADOKAWA ⇧2018年11月発売。 <著者について> 著者は人気アイドルグループ・乃木坂46の高山一実さんです。 彼女は初期メンバー(一期生)の一人です。 最近では一期生メンバーのグループからの卒業が続いていますが、彼女はまだ…

【小説・時代】『螢草』―御前試合で仇討ち!【ドラマ化】

『螢草』葉室麟 / 双葉社 ⇧2015年11月発売(文庫版) 時代小説です。 2019年7月からドラマ放送が開始されます。(金曜夜8時から) 主演は清原果耶さん。⇩ 他に町田啓太さん、谷村美月さんなどが出演されます。 <時代小説> あなたは時代小説を読まれますか…

【ビジネス】『実験思考』―クレイジーすぎるアイデアの数々

『実験思考 世の中、すべては実験』光本勇介 / 幻冬舎 ⇧2019年5月9日発売。 <クレイジーな実験> このサイズ(分量)のビジネス書ならば、普通は1600~1800円くらいします。 しかし紙の本では400円弱(原価)、kindleでは無料で読めます。 クレイジーな値段…

【マンガ】『ワールドトリガー』20巻―遊真とヒュースのコンビネーション

『ワールドトリガー』葦原大介 / 集英社 ⇧2019年6月4日発売。 「週刊少年ジャンプ」から「ジャンプSQ」へ移籍後、初のコミックです。 9話分収録してあることはこれまでと同じですが、月刊誌になったからか1話分のページ数が増量されており、コミックも今ま…

【マンガ】『葬 はぶり』1巻―殺すことでしか救えない命がある

『葬 はぶり』渡辺千紘 / マッグガーデン ⇧2018年11月発売。 2巻は2019年4月に発売されています。 <ヒーローもの> ヒーローには2種類あります。 大衆に認知され応援されている者と、人知れず頑張っている者です。 現実世界のヒーローは有名で、皆から憧れ…

【小説・文学】『ヒッキーヒッキーシェイク』―不気味の谷を越えろ

『ヒッキーヒッキーシェイク』津原泰水 / 幻冬舎➡早川書房 ⇧2019年6月6日発売。(文庫版) なぜかハードカバー版は2016年に幻冬舎から出版されているのに、文庫版は早川書房から出版されることになったみたいです。 先日Twitterで出版担当者が「この本が売れ…

【マンガ】『東京核撃』―一家に一冊!核災害マニュアル

『東京核撃』細野史羽 / 集英社 ⇧2018年8月発売。 1冊で完結です。 <核災害対策> 米朝協議で一時はおとなしくなっていた北朝鮮ですが、最近はまたアメリカにかまってもらえなくなったからか、ミサイル試射実験を再開しましたね。 しかし脅威的な行動のはず…

【マンガ】『監察医 朝顔』―監察医と刑事の家族ストーリー

『監察医 朝顔』香川まさひと・木村直已 / 実業之日本社 ⇧1巻は2006年発売。(全30巻) 現在絶版ですが、ドラマ放送が開始された翌日の2019年7月9日にダイジェスト版が発売予定です。 中古本ならばダイジェスト版じゃないものが買えますが、ドラマ化が決定し…

【マンガ】『黒狼』1巻―原田左之助×張作霖

『黒狼 ヘイラン』百地元 / 講談社 ⇧2018年12月7日発売。 主人公は原田左之助です。 <原田左之助と張作霖> 新撰組十番隊組長・原田左之助をご存知でしょうか。 『るろうに剣心』の相楽左之助のモデルになっているのは有名ですね。 槍の名手であり、短期で…

【小説・ミステリー】『沼の王の娘』―切ないサイコサスペンス

『沼の王の娘』カレン・ディオンヌ / 訳:林啓恵 / ハーパーコリンズ・ジャパン ⇧2019年2月16日発売。 <長期誘拐事件> 「ストックホルム症候群」という言葉をご存知でしょうか。 誘拐事件や人質事件などにおいて、犯人と被害者の間に心理的つながりができ…

【マンガ】『ブレイズ・ソー・エッジ』1巻―デザインがカッコ良すぎるファンタジー

『ブレイズ・ソー・エッジ』吐兎モロノブ / 少年画報社 ⇧2019年4月30日発売。 <ダークファンタジー> ファンタジーの物語には2種類あります。 「ハイ・ファンタジー」と「ロー・ファンタジー」です。 前者は架空の世界を舞台にしたものです。 後者は現実世…

【マンガ】『ソウナンですか?』―サバイバルは本来面白いもの

『ソウナンですか?』岡本健太郎・さがら梨々 / 講談社 ⇧1巻は2017年8月発売。 2019年5月末現在で4巻まで出ています。 2019年7月からアニメ放送が開始されます。 <無人島サバイバルもの> 「非日常でのサバイバルもの」というジャンルのマンガ作品は数多く…

【マンガ】『Heaven?』―主人公が邪魔者という独創コメディ

『Heaven? ご苦楽レストラン』佐々木倫子 / 小学館 ⇧コミックは2005年に発売。 文庫版は2010年発売。 ともに現在絶版で、中古か電子書籍版でしか入手できません。 2019年7月からドラマ放送が開始されます。(火曜夜10時) 主演は石原さとみさん。 他には福士…

【絵本】『おぞましい二人』―大人のための絵本

『おぞましい二人』エドワード・ゴーリー / 訳:柴田元幸 / 河出書房新社 ⇧2004年出版。 電子書籍版はありません。 <著者について> エドワード・ゴーリーという絵本作家をご存知でしょうか。 知る人ぞ知る、世界中にその作品のコレクターが存在するカルト…

【小説・ミステリー】『叡智の図書館と十の謎』―ファンタジーで終わらない物語の広がり

『叡智の図書館と十の謎』多崎礼 / 中央公論新社 ⇧2019年2月22日発売。 文庫版です。ハードカバー版はありません。 <叡智の図書館の設定> 物語の舞台である叡智(えいち)の図書館。 それは時間にも空間にも支配されない知の殿堂です。 無限に続く書架には…

【マンガ】『天を射る』1巻―天下一の射手

『天を射る』西荻弓絵・飛松良輔 / 小学館 ⇧2019年4月26日発売。 <堂射> 「 堂射」(どうしゃ)という言葉をご存知でしょうか。 「通し矢」とも呼ばれ、京都の蓮華王院本堂(通称・三十三間堂)の西軒下約120mを矢で射通す、江戸時代にあった競技です。 …

【小説・文学】『JR』―人間にとって大事なのは感性か、合理性か

『JR』ウイリアム・ギャディス / 訳:木原善彦 / 国書刊行会 ⇧2018年12月21日発売。 全米図書館賞受賞。 表紙がカッコイイですね。 アメリカでは1975年に出版されたそうです。 <金融コメディ> マンガ『こち亀』の主人公・両さんこと両津勘吉はご存知でしょ…

【マンガ】『あゝ我らがミャオ将軍』1巻―社会主義国をカワイくギャグ化!

『あゝ我らがミャオ将軍』まつだこうた・もりちか / 徳間書店 ⇧2019年5月20日発売。 <社会主義国のパロディ> 社会主義という言葉があります。 個人的自由主義や資本主義と対立する概念です。 資本主義が進んで格差が拡大していくと、国民は生活に不安にな…

【マンガ】『モナリザマニア』1巻―贋作も生きる希望になる

『モナリザマニア』ヨシカゲ / 集英社 ⇧2019年1月発売。 <絵の才能> 「 絵の才能がある」とはどういうことでしょうか。 どういう人が才能があるといわれているでしょうか。 家族や友達に認められたら、才能があるということでしょうか。 何かの賞を取った…

【マンガ】『柊様は自分を探している。』1巻―ワガママではなく気位が高いのだ!

『柊様は自分を探している。』西森博之 / 小学館 ⇧2016年7月発売。 2019年3月に8巻が出て完結しています。 <著者の作風> 著者は『今日から俺は!!』や『天使な小生意気』で有名な西森博之さんです。 他にも『道士郎でござる』『お茶にごす。』『鋼鉄の華っ…

【マンガ】『ジュニオール』1巻―勝ちたいのか、楽しみたいのか

『ジュニオール』灰谷音屋 / 秋田書店 ⇧2018年10月発売。 2019年5月時点で4巻まで出ています。(ハイペース刊行!) 週刊少年チャンピオンで連載されています。 <現代サッカーの弊害> 昔のやや感覚的で大味なサッカーと比べて、現代のサッカーは様々な戦術…

紙の本も読みなよ / A-key-Hit