【広告】

紙の本も読みなよ

読み終わったマンガ、小説、その他の本の中でオススメのものを紹介しています。

【小説・ミステリー】『闇に香る嘘』――見事な人物入れ替わりトリック

【広告】

紙の本も読みなよ / A-key-Hit

『闇に香る嘘』下村敦史 / 講談社

f:id:A-key-Hit:20190112111320j:plain  

 

視覚障害者が主人公ということで、この設定の時点で

「叙述トリック、人物入れ替わりトリックをしますよ」

と宣言しているようなもの。

読者からはかなり警戒されて読まれることになる。

 

さらに一人称視点なので、視覚描写ができず、読者に情景が説明しづらい。

著者としても書くのが非常に難しい作品だったのではないでしょうか。

 

その上でキッチリどんでん返しもある。

 

よく練られたミステリー。

気持ちよく騙されると嬉しいというか面白い。

エンターテイメントの本質は意外性・驚きなのだ。

 

江戸川乱歩賞受賞作。

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

【マンガ】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

【マンガ】の過去記事リスト(101)~(200)はこちら

【小説】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

紙の本も読みなよ / A-key-Hit