【広告】

紙の本も読みなよ

読み終わったマンガ、小説、その他の本の中でオススメのものを紹介しています。

【マンガ】『それでも町は廻っている』(全16巻)ー世界最強の日常系SFミステリーギャグコメディ

【広告】

紙の本も読みなよ / A-key-Hit

『それでも町は廻っている』石黒正数 / 少年画報社

f:id:A-key-Hit:20190112110305j:plain  

 

「好きすぎ」を通り越して「愛しすぎ」も越えてもはや表現できない。

作品自体も作者も神である。

いや、界王神レベルである。(魔人ブゥを封じ込めた頃の。)

このマンガを「面白くない」だとか「よく分からない」だとかいう人とは、僕は一生分かり合えないだろう。

 

あらゆるジャンルが詰め込まれた日常系マンガ。

世界最強というのは、事実そうだからです。(偏見)

僕はこれまで、コミックは1万冊くらい、マンガ雑誌はその5倍以上は読んできましたが、この作品以上の日常系マンガがおよそ存在しなかったのです。

 

シンプルなのに可愛い絵。→最強。

登場するキャラクターが全員面白い。全員好き。

人間関係も完璧な配置。こんな町に住んでみたいものです。

 

そして伏線の張り巡らせ具合ときたらもう凄まじい。

石黒氏がミステリー好きなのだと思うのですが、そのせいでしょうか。

「探偵脳」というキーワードはこのマンガで覚えました。

僕も「トリック」や「密室」という言葉を聞くだけでニヤリとしますしワクワクしてきます。まだ中級レベルですね。歩鳥のようにはまだなれていません。

静ねーちゃんのような師匠的存在がいてほしかった。

 

SF系要素もホラー的要素も散りばめられており、

人情話、恋愛系がミステリーと絡み合う。

こんな不思議な読み味のマンガは他にないでしょう。

 

大体1話完結で、どこから、何巻から読んでも面白い。

(そもそも巻数や各話数が時系列順に並んでいない)

 

2017年2月に最終巻が発売されて完結しました。

打ち切りでもなんでもなく最高のラストでした。

もう続きが読めないのが死ぬほど悲しく切ない。

自分はこれから何を支えに生きていけばいいのか?

・・・と思いながらもうあれから1年3ヶ月が経ちました。

 

石黒先生が月刊アフタヌーンで新連載を立ち上げておられるようなので

その新刊を心待ちにして今日もまた眠りにつきます。

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

【マンガ】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

【マンガ】の過去記事リスト(101)~(200)はこちら

【小説】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

紙の本も読みなよ / A-key-Hit