【広告】

紙の本も読みなよ

読み終わったマンガ、小説、その他の本の中でオススメのものを紹介しています。

【小説・ミステリー】『白夜行』―著者最高の出来

【広告】

紙の本も読みなよ / A-key-Hit

『白夜行』東野圭吾 / 集英社

f:id:A-key-Hit:20190112105159j:plain  

 

東野圭吾作品は当たり/ハズレが大きい。

『パラレルワールドラブストーリー』や『宿命』はオススメできるが、

『探偵ガリレオ』はドラマとは違って面白くない。

 

そんな中、ダントツで面白いのが『白夜行』である。

800ページ超という長さがあるが、それが全く苦にならないほど読みやすく、リーダビリティがある。(このページ数を1日で読めたのは、後にも先にもこの作品だけです。)

 

ある少年と少女の別々の人生の歩みを交互に描いていくだけ(それでも十分面白い)だと思いきや、恐るべき背景がラストに分かるという構成。

 

一応ミステリーというジャンルに大別されるのだろうが、

フーダニットというわけでもないし、ハウダニットがメインというわけでもない。倒叙型ともいいにくい。すごい物理トリックがあるわけでも、叙述トリックが仕掛けられているわけでもない。恋愛小説と言えなくもない。

見たことがない形式。なんなんだコレ。

 

すごいとしか言いようがないラスト。

シンプルなのにすごい。

シンプルだからこそすごい。

分かりやすく一般大衆ウケもするし、ミステリーにうるさい人もうなるような構成になっている。

 

大ヒットを運命づけられた傑作。

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

【マンガ】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

【マンガ】の過去記事リスト(101)~(200)はこちら

【小説】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

紙の本も読みなよ / A-key-Hit