【広告】

紙の本も読みなよ

読み終わったマンガ、小説、その他の本の中でオススメのものを紹介しています。

【マンガ】『アオアシ』(13巻)ー考えることを諦めるな

【広告】

紙の本も読みなよ / A-key-Hit

『アオアシ』小林有吾 / 小学館

f:id:A-key-Hit:20190112103628j:plain  

 

 本日新刊発売。

今一番ハマっているサッカーマンガです。

 

このマンガの特徴の1つとして、舞台がユースであるということ。

部活ではない。プロでもない。

プロを目指す若者たち(高校生の年代)がどうやって成長してプロになっていくのかという、あまり知られていないクラブチームという業界(組織?)のしくみが分かって面白い。

 

そして最大の特徴である作品の魅力は、主人公アシトの「視野の広さ」とその能力の開花していく過程の描き方である。

いまだかつて、サイドバックの主人公なんて(たぶん)いなかった。

奇をてらってそうしているわけではなく、きちんと理由が説明されてあり、

もはやこの形しかなかったのではないかと思わされるほど、説得力があり、自然で納得ができ、しかも面白いというストーリー構成になっている。

 

13巻では、ついにAチームへ昇格を果たしたアシトが公式戦に出場する。

今までさんざん嫌がらせしてきた阿久津がしぶしぶ指示を出す。

栗林はその悪魔的な天才性を発揮し、アシトを驚愕させる。

先輩2人の圧倒的な技術、経験値、才能に触れ、アシトも覚醒し始める。

 

アシトの最大の才能は、自分が未熟だということを受け入れ、それでもそこから何が出来るかを考えることを諦めないことだ。

ライバルや敵と自分との間に圧倒的な技術・才能の差があるのだと分かったとき、人は絶望し、思考停止してしまう。そして成長は止まる。

 

考えることをやめない者だけが、強くなれる。上手くなれる。

 

この3人が完璧に機能するようになったらどんなチームになるのだろう。

ワクワクが抑えられないほど楽しみです。

 

14巻は8月末発売予定。

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

【マンガ】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

【マンガ】の過去記事リスト(101)~(200)はこちら

【小説】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

紙の本も読みなよ / A-key-Hit