【広告】

紙の本も読みなよ

読み終わったマンガ、小説、その他の本の中でオススメのものを紹介しています。

【小説・文学】『羊と鋼の森』―感性とは何か

【広告】

紙の本も読みなよ / A-key-Hit

『羊と鋼の森』宮下奈都 / 文藝春秋

f:id:A-key-Hit:20190112103203j:plain  

 

タイトルがいいですね。

1ミリも内容が推測できないので、逆に「どういうことだろう?」と考えさせてしまう。うまい。

 

答えはピアノの構成要素。

ピアノの調律師の話です。

ピアノの調律を通して、感性を磨くとはどういうことなのかを主人公は学んでいきます。

 

日常のささいなことを発見し、その切り取った一瞬の現象を頭の中で再現できるか。そういうものの蓄積が感性豊かということ。

色や味、感触について多くの引き出しを持っていれば、それだけ再現・表現できるものは多くなる。

自分の頭の中にしか、その可能性の幅は存在しない。

感性は勝手に磨かれないのだ。

 

特別な才能はいらない。

注意深く、毎日を過ごせ。

 

本屋大賞受賞作。

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

【マンガ】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

【マンガ】の過去記事リスト(101)~(200)はこちら

【小説】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

紙の本も読みなよ / A-key-Hit