【広告】

紙の本も読みなよ

読み終わったマンガ、小説、その他の本の中でオススメのものを紹介しています。

【マンガ】『ワンパンマン』(14巻)―ギャグなのに最高のカタルシス

【広告】

紙の本も読みなよ / A-key-Hit

『ワンパンマン』ONE、村田雄介 / 集英社

f:id:A-key-Hit:20190112101320j:plain  

 

基本的にギャグマンガなのに、この巻は特に感動モノです。

ラストに向けての演出、構成が憎らしいほど見事。

 

圧倒的な力の差。

怪人の強さに対する恐怖、全く歯が立たない自分の武力。

勝つことなんて不可能で、逃げることすらできない。

どうすることもできない絶望的な状況。

 

そこで諦めるか、逃げるか、それでも戦うか。

 

「弱いヒーローに存在価値はあるのか」という問いの答えが描かれている。

 

『ダイの大冒険』29巻(たぶん)でのノヴァのセリフを思い出す。

「勇者ってのは勇気のある者のことじゃない。

周りの人間に勇気を与えることが出来る者のことだ」

 

ヒーローも同じだ。

強ければいいわけじゃない。

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

【マンガ】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

【マンガ】の過去記事リスト(101)~(200)はこちら

【小説】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

紙の本も読みなよ / A-key-Hit