【広告】

紙の本も読みなよ

読み終わったマンガ、小説、その他の本の中でオススメのものを紹介しています。

【小説・SF】『突変』―自分の住む町は好きですか?

【広告】

紙の本も読みなよ / A-key-Hit

『突変』森岡浩之 / 徳間書店

f:id:A-key-Hit:20190112094842j:plain  

 

700ページ超えでまあまあブ厚めですが、リーダビリティが高いのであっという間に読めます。著者は読者を飽きさせないような構成に、かなりこだわって作られたのだと感じました。

 

ある地域ごと、人々が異世界・異空間に移動してしまうパニックSFもの。

「漂流教室」とか、類書を探せばいくつかあるんでしょうけど、この小説では規模が違います。町一帯ごと移動してしまうのです。

そして、規則・ルールが細かく語られる所に説得力を感じます。

 

設定や展開も面白いですが、一番はキャラクター造形です。

 ヒロインや高校生の双子といった主役級のキャラはまともな発言、行動をとらせているのに、その他の人達(町内会長、議員、防除団員など)の醜悪さといったら・・

冗談だと思えないほど、社会のリアルがここにある。

 

責任逃れとか、ヒステリックなわからず屋とか、口だけ立派なビビりの無能者とか、反面教師的キャラがいっぱい登場します。

主役たちとの対比効果を狙っているというのもあるでしょう。

 

「力を合わせてこの町を守ろう」と言う奴は一人もいません。

好感がもてる一般市民はほとんど出て来ません。

 

でも、日本の町なんてどこも大体こんな感じなのでは?

僕の住んでいる町の治安が悪いから、歪んだ見方しかできなくなってしまったのでしょうか。

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

【マンガ】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

【マンガ】の過去記事リスト(101)~(200)はこちら

【小説】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

紙の本も読みなよ / A-key-Hit