【広告】

紙の本も読みなよ

読み終わったマンガ、小説、その他の本の中でオススメのものを紹介しています。

【小説・ミステリー】『ミステリー・アリーナ』―真実はいつも一つ!とはどういうことか

【広告】

紙の本も読みなよ / A-key-Hit

『ミステリー・アリーナ』深水黎一郎 / 講談社

f:id:A-key-Hit:20190111235636j:plain  

 

2016年「本格ミステリ・ベスト10」で第1位。

「このミステリーがすごい!」でも第6位。

6月の講談社文庫新刊で文庫化されていました。

文庫化が早いですね。

 

 この作家さんはいつも技巧を凝らした変化球を投げて来られます。

ミステリー初心者が読むと、面白さが伝わらないかもしれません。

メタ視点というか、メタ構造というか、

ミステリーというものに対する見解を物語後半で提示されます。

 

中盤までは普通にミステリークイズ番組の体裁で進行しますが、

終盤になってからトンデモ裏設定が開示され、メタミステリーになります。

「なんじゃいそりゃあ!」とつい叫んでしまう設定でした。

こういう展開を面白く読めるかは、意見の分かれるところだと思います。

 

ストレートなミステリーばかり読んでいて、ちょっと飽きてきたような方にはオススメです。

世の中には、「メタミステリー」や「バカミステリー」(あまりに設定やトリックが馬鹿馬鹿しいオチのもの)といった変化球のミステリーがそこそこ存在します。

普通のミステリーだと思って買って読んでみたら、冗談みたいなオチで肩透かしを食らうこともたまにあります。(「金返せ!」と怒る方も結構おられます。)

まあそこがミステリーというジャンルの面白さであり、裾野の広さだと思います。

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

【マンガ】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

【マンガ】の過去記事リスト(101)~(200)はこちら

【小説】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

紙の本も読みなよ / A-key-Hit