【広告】

紙の本も読みなよ

読み終わったマンガ、小説、その他の本の中でオススメのものを紹介しています。

【マンガ】『憂国のモリアーティ』(2巻)―シャーロック・ホームズ登場

【広告】

紙の本も読みなよ / A-key-Hit

『憂国のモリアーティ』 竹内良輔・三好輝 / 集英社

f:id:A-key-Hit:20190111233916j:plain  

 

主人公・モリアーティ教授と宿敵・ホームズとの邂逅。

お互いの職業当てのシーンが面白い。(基本ですね。)

見ただけで他人の職業を当てるのはホームズの得意技?なので、誰もが読んでいてニヤリとさせられたのではないでしょうか。

 

4巻の巻末で著者の竹内氏が、

「自分はファーストガンダム原理主義だったが、ホームズファンのツッコミが怖いという状況を踏まえて反省し、色々なガンダムがあってもいいじゃない、という感じになってきた。」

ということを書いておられました。

 

確かに、このマンガで描かれているホームズは、知的ではあるが上品ではない。

不潔という程ではないが、優雅ではない。口調も乱暴で、ずる賢い。

かなりの俺様キャラ。

 

原作ホームズを知らない若い読者からは、こちらのホームズの方が面白いし、好かれやすそう。著者のキャラクター造形戦略は正しい。原作を読んだことがない人の方が、日本の若者(想定読者)には圧倒的に多いだろうからだ。

 

原理主義というのは、「寛容ではない」ということとほぼ同義ですが、

こういう人間は世の中のことを素直に楽しめない。

ある意味で可哀そうな人種のことです。

色んなホームズ像があっていいと思うんです。

そういう優しさが、世界には必要だと思います。

 

ちなみに僕はマンガ原作原理主義です。

ジョジョ、るろ剣、ドラゴンボールなどの実写化は、別物だと思っています。

当然、観ていません。

・・というか認めません!

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

【マンガ】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

【マンガ】の過去記事リスト(101)~(200)はこちら

【小説】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

紙の本も読みなよ / A-key-Hit