【広告】

紙の本も読みなよ

読み終わったマンガ、小説、その他の本の中でオススメのものを紹介しています。

【マンガ】『百万畳ラビリンス』(上下巻)ー史上最高の脱出ゲーム

【広告】

紙の本も読みなよ / A-key-Hit

『百万畳ラビリンス』たかみち / 少年画報社

f:id:A-key-Hit:20190111232942j:plain  

 

『それでも町は廻っている』の空気感はそのままに、SF要素とミステリー要素の濃度を上げて、日常感を薄めたような読み味。

SFとミステリーの違和感のない融合。

作画技術、キャラクター、ストーリー構成、「謎」の提示・解明の仕方など、完璧な作品。「幸せについて」などのテーマの潜ませ方も上手い。

素晴らしくて欠点が見当たりません。

 

2015年出版ですが、当時から「脱出ゲーム」というものがあったのか分かりません。

しかし、これ以上の「脱出ゲーム系マンガ」はないんじゃないかと思えました。

長さも上下巻2冊にまとめてあって、過不足なく内容が詰まっています。

 

ずっと本棚に置いておきたい作品のひとつ。

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

【マンガ】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

【マンガ】の過去記事リスト(101)~(200)はこちら

【小説】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

紙の本も読みなよ / A-key-Hit