【広告】

紙の本も読みなよ

読み終わったマンガ、小説、その他の本の中でオススメのものを紹介しています。

【マンガ】『嘘解きレトリック』(1-9巻)ー嘘が見抜けても(すぐに)真実は見抜けない

【広告】

紙の本も読みなよ / A-key-Hit

『嘘解きレトリック』都戸利津 / 白泉社

f:id:A-key-Hit:20190111112536j:plain  

 

嘘が見抜ける(というか聞き分けられる)能力を持つ主人公・鹿乃子。

貧乏な名探偵・左右馬。

彼らがコンビを組んで事件を解決していくミステリーマンガです。

 

鹿乃子は小さい頃から他人の嘘が見抜けたため、ずっと奇異に見られ、気味悪がられ、疎んじられてきました。

優しい言葉をかけてもらったとしても、彼女には嘘が分かります。

相手の意図がすぐに見抜けるために、ずっと孤独で気を張って生きてきた(はず)。

 

しかし、自分の特殊能力を明かしても嫌がらず、引かず、受け入れてくれる人に初めて出会います。

それが左右馬なわけですが、彼は自分の発言が嘘かどうか全部バレたところでかまわないと、すぐに彼女を探偵助手として受け入れるのです。(第1話)

この時の鹿乃子の圧倒的な幸福感・安心感のシーンは素晴らしいですね。

 

「私がそばにいるのが嫌じゃないんですか?」

「うん、嫌じゃないよ。

 分かるでしょ?ウソじゃないって。」

 

嘘が聞き分けられるからこそ、相手の真意も分かる。

完璧な演出!

 

もうすぐ最終巻(10巻)発売。

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

【マンガ】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

【マンガ】の過去記事リスト(101)~(200)はこちら

【小説】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

紙の本も読みなよ / A-key-Hit