【広告】

紙の本も読みなよ

読み終わったマンガ、小説、その他の本の中でオススメのものを紹介しています。

【マンガ】『Fの密命』(1巻)ー「茶」の全てを盗み出せ!

【広告】

紙の本も読みなよ / A-key-Hit

『Fの密命』秋月カイネ / 双葉社

f:id:A-key-Hit:20190111094715j:plain  

 

 着眼点がすごい。よくこの題材でマンガを描こうと思いましたね。

 ------------------------------------------------------------------------------------

19世紀のイギリス。アヘン戦争直後。

 イギリス人の茶を飲む習慣は上流階級を中心として広がり、その需要は大きくなるばかり。中国はイギリスへ茶葉を輸出していたが、イギリスは中国に対して利益を出せる特産物を輸出していたわけではなかった。つまりイギリスの貿易赤字は膨らむ一方。

イギリス本土で茶を栽培できればその問題は解消されるが、中国はその茶樹から製法まで一切を秘匿し独占していた。

植物園で採集・管理の仕事をしていた主人公のロバートは、ある日その知識を見込まれて、中国から最高級の種と苗木、製造方法、道具や職人といった茶の全てを盗んでくるよう指令を受ける。

貧窮に喘ぐロバート含む一般労働者たちは、成功のチャンスを欲していた。

彼は成り上がることを誓い、中国へ旅立つ。

中国ではアヘン戦争直後のため、イギリス人を特に敵視していた。

不用意な行動をすれば即殺されかねない状況で、なんとか中国人の案内人を見つける。

案内人に連れられて旅をする過程で、中国での茶を取り巻く実情を目にすることになる。

-------------------------------------------------------------------------------------------

なかなか内容が詰まった1巻でした。

著者が描きたい事がすでにいっぱいある証拠ですね。

間延びさせて連載を長期化させるつもりなどないことが伝わってきます。

読後にウイキペディアで調べてみたら、ロバート・フォーチュンは実在の人物だそうです。中国人に変装して外国人が立入り禁止されていた奥地に入り込み、そこからチャノキをイギリスに導入したそうです。

すげー!フィクションのような人物。

世界史を全く知らないので、すごく新鮮な気持ちになりました。

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

【マンガ】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

【マンガ】の過去記事リスト(101)~(200)はこちら

【小説】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

紙の本も読みなよ / A-key-Hit