【広告】

紙の本も読みなよ

読み終わったマンガ、小説、その他の本の中でオススメのものを紹介しています。

【小説・ミステリー】『イデアの影』―思わせぶりな小説

【広告】

紙の本も読みなよ / A-key-Hit

『イデアの影』森博嗣 / 中央公論新社

f:id:A-key-Hit:20190113142920j:plain  

↑2018年11月文庫化になりました。

 

 <著者の森博嗣氏はミステリー作家です。>

他のジャンルの作品や新書も出版されていますが、著作の大半はミステリーです。

だから著者の本を手に取る方は、「これは小説だし、たぶんミステリーだろう」という想定(期待)のもと読み始めるはずです。

(シリーズものでもなく、エッセイでもなく、著者の作品を多く出している講談社や幻冬舎でもないので、この本の購入者はほとんどがコアなファンだろうと推測します。)

 

著者は他の作家とは違ったスタンスで仕事をしています。

「ミステリーはお金を稼ぐために書いている。」

「ビジネスとして小説を書いている。好きだからではない。」

と、ずっと前から公言されているのです。

珍しいですよね。

 

その割には、けっこう攻めたミステリーを書かれています。

著者からすれば、「斬新さや独自性を示せない作品は商品として成立しない(価値がない)」ということなのでしょうけれど。

 

<アンチ・ミステリー>

アンチ・ミステリーという言葉をご存知でしょうか。

推理小説でありながら、推理小説の暗黙の了解やお約束、あるいは構造やシステム自体をメタ的な視点から批判しているもののことです。

つまり、常識や慣習を破っているミステリーです。

書き手が安易に手を出すと、読者から「なんじゃそりゃ!」と怒られ、見放されます。

 

たとえば、普通、「ミステリー」という小説内で発生した謎は解明・解決されなければならないと誰もが考えているでしょう。

 アンチ・ミステリーでは物理法則を無視したトリックやメタ的解釈によって物語を収束させます。普通のミステリーを読みたいと思っていた一般的な読者からは「反則だろ」という批判が起こります。

 

気持ちは分かります。

買った商品が不良品(欠陥品)だったような感覚でしょう。

そういうジャンルもあると知らなければ、騙されて損した気分になるはずです。

 

アンチ・ミステリーを楽しめるようになれば、ミステリー中級者認定です。

 

<アンチテーゼ>

森博嗣氏のミステリーはアンチ・ミステリーとまではいきませんが、

「ミステリーとはこういうもの」という暗黙の了解に対するアンチテーゼのような作品がけっこう多いです。

 

著者は

「小説内で発生した謎はすべて解明・解決されるべきである」

「犯行の動機は最後には明かされるべきである」

「犯行の動機は、読者の大半に共感されるようなものであるべきである」

とは考えていません。

そうじゃないミステリーがあってもいいでしょう、というスタンスです。

従来の慣習・ルールに囚われたくないのでしょう。

その通りだとは思いますが、読者としては肩透かしを食わされる危険があるので、最後まで妙に緊張しながら読むことを強いられます。

まあ、それもワクワクドキドキ感の一種と捉えることもできます。

 

この『イデアの影』という小説では、

第1章で主人公の家庭教師が自殺し、

第2章で主人公の甥が自殺し、突然やってきた知人が心臓発作で死亡し、

第3章で主人公の夫が病死します。

主人公の家に通う家政婦のヤハギさんは眼光鋭く、いつも主人公の行動を監視しているかのように仕事が的確です。(サービスが行き届いている)

 

もう3章を読み終えた時点で、ミステリーだと思うでしょう。

身近な人間がこんなに次々と死んでいくのはミステリー以外だと不自然ですから。

 

『奥様はネットワーカ』(メディアファクトリー)や『少し変わった子あります』(文藝春秋)を読まれた方ならお分かりでしょうけれど、

森作品は普通の(非ミステリーの)静かな日常系の小説と見せかけて、最後にドカンとひっくり返す展開のものもあります。

 

f:id:A-key-Hit:20190116213554j:plain  f:id:A-key-Hit:20190116213619j:plain

(↑どちらも文庫化されています)

 

一体、『イデアの影』はどういう系統のオチなのでしょうか。

本を読んで内容を確かめてみてください。

 

 ▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

【マンガ】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

【マンガ】の過去記事リスト(101)~(200)はこちら

【小説】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

紙の本も読みなよ / A-key-Hit