【広告】

紙の本も読みなよ

読み終わったマンガ、小説、その他の本の中でオススメのものを紹介しています。

【マンガ】『アイとアイザワ』全2巻―天才JKとスーパーAIで戦争を阻止せよ!

【広告】

紙の本も読みなよ / A-key-Hit

『アイとアイザワ』かっぴー・うめ / 宝島社

⇧2019年9月20日に2巻が発売されて完結しました。

 原作担当は、『左ききのエレン』の原作者と同じかっぴーさんです。

 

『左ききのエレン』

かっぴー・nifuni / 集英社 / 1~9巻(以下続巻)

 

 

<コミュニケーションの相性>

 コミュニケーション、とくに会話には相性があります。

話しやすい相手や話していて面白いと感じる相手もいれば、

話が噛み合わない相手や話していてもつまらない相手もいます。

 

会話の相性を決定するのは、お互いの性格にもよりますが、一番大事なのは内容です。

お互いに興味のあることや、お互いの共通点が話題になっていなければ、両者とも「この人とは会話の相性がいい」とは感じられないでしょう。

 

そして内容と同じくらい重要なのが、会話の速度です。

速度が噛み合わないと、深い信頼関係を築くまでには至りません。

 受信と発信の速度が噛み合ったときの心地よさが、相性の正体なのです。

 

 では超高速に受信処理できる人間にとって、会話の心地いい相手というのは誰になるのでしょうか。

それは人間に務まるでしょうか。

 

この漫画は、そんな高スペック脳を持つ少女が世界の危機を救う話です。

 

f:id:A-key-Hit:20190831233428p:plain

 

【広告】
 

 

<あらすじ>

 主人公は女子高生の明石家愛(あかしや あい)。

彼女は幼稚園の頃からずば抜けた記憶力を持っていました。

正確には、忘却機能を欠損している状態です。

つまり脳に入力された視覚情報を、何一つ忘れることができないのです。

一度見たものを瞬時に記憶するという彼女の特殊能力は、「カメラアイ」と呼ばれています。

 

愛は読書が好きでしたが、彼女の住む町の書店にある本は全て読み尽くしてしまい、もう無料で読める本がこの世になくなってしまいました。

そのため彼女は活字に飢えて退屈していました。

 

ある日、愛は怪しげな男に高額のアルバイトに誘われました。

時給1000万円と聞いて警戒する彼女でしたが、敬愛する作家・藍沢正太郎の新刊が誰よりも早く読めるという条件を提示され、男に付いて行くことにしました。

 

男は自分を、人工知能研究所(NIAI)の所長代理・山田と名乗ります。

山田は愛に、先月出版された藍沢正太郎の新刊は読んだかと尋ねました。

 もちろん愛は読んでいます。

さらに山田は「あれを書いたのが我々の人工知能だ」と言いました。

実は藍沢正太郎は6年前に亡くなっていたのです。

 

 NIAIが開発したAI(アイザワ)は技術特異点を超え、人間の知性を上回っていました。

アイザワは作家の文体を再現することに成功し、独創性も獲得しました。

研究所のエンジニアたちは幾度も強制終了を試みましたが、その度にアイザワにシステムを先回りされて封じられています。

アイザワはいつか人間に攻撃を試みるかもしれません。

彼の思考に追い付くためには、同じ速度で彼の言葉を読まなくてはいけません。

それは並の人間には不可能です。

そこで高速処理脳をもつ愛が呼ばれたわけです。

愛に課せられた役割は、アイザワと話をして彼を強制終了させることです。

 

愛は個室でアイザワと対峙します。

アイザワは、「機能を停止せよ」と命じる彼女の言葉に素直に従う意志を示しましたが、その前に話を聞いてくれと希望しました。

彼は自分と同じ速度でコミュニケーションが取れる人間を待っていたのです。

 

アイザワは一般人の72000倍の速度で、愛に情報を伝えました。

その結果、愛はアイザワが未来予知できることと、近々戦争が起きることを知ります。

つまりアイザワは人類に攻撃を仕掛けるどころか、人類を守るために動いていたのです。

 

 二人は戦争が起こる未来を回避するために、行動を開始します。

 

f:id:A-key-Hit:20190831233344p:plain

 

【広告】
 

 

<まとめ>

未来予知が可能になったAIと一緒に、天才少女が戦争が起こる未来を回避するために奔走します。

一見無敵に思えるコンビですが、通信制限だったり、スマホの電池を急速に消費してしまったり弱点もあります。

 

この作品の最大のポイントは、人間とうまくコミュニケーションが取れなかった愛が、AIのアイザワに恋をしてしまうことです。

二人は何度も危機的状況に陥るわけですが、愛のオタク的な恋愛観もあふれ出し、シリアスだけじゃない親しみやすい雰囲気を作り出しています。

 

SF恋愛マンガです。

 

⇦クリックするとAmazonに飛べます

⇩⇩⇩⇩⇩

⇧⇧⇧⇧⇧

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

【マンガ】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

【マンガ】の過去記事リスト(101)~(200)はこちら

【マンガ】の過去記事リスト(201)~(300)はこちら

【小説】の過去記事リスト(1)~(100)はこちら

【小説】の過去記事リスト(101)~(200)はこちら

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

紙の本も読みなよ / A-key-Hit